フェラーリ488GTB & スパイダーのブログ

フェラーリ488GTB & スパイダーのカスタムパーツを紹介します。

フェラーリ488GTB & スパイダーの慣らし運転について

f:id:ushiushi810:20170420091458j:plain

 

こんにちは!

 

さて、今日は納車前、納車直後の皆様がとても気になる

 

フェラーリ488慣らし運転」について書きたいと思います。

 

 

f:id:ushiushi810:20170420091500j:plain

 

まずフェラーリ488の「オーナーズマニュアル」から読み上げます。

 

慣らし運転
お車は最新の技術を用いて精密に生産されていますが、お車の本来の性能を十分に発揮させるため、新車でご購入後は慣らし運転を実施してください。

エンジンとギアボックス
最初の1,000kmまではエンジン回転数が5,000rpmを超えないようにしてください。
エンジン始動時は、エンジンが十分に暖まるまでは、エンジン回転数が4,000rpmを超えないようにしてください(油温が65〜70℃になるまで)。
エンジンの高回転域を長時間維持して運転しないでください。

 

 

f:id:ushiushi810:20170420092214p:plain

 

488のメーター部です。

 

最初の1,000キロは5千回転、

 

その後の記載はありませんが、

 

よく耳にする

 

フェラーリは5,000〜6,000キロぐらいは慣らししたほうがいい

 

から検証すると

 

最初の

1,000キロ 5千回転

2,000キロ 5千5百回転

3,000キロ 6千回転

4,000キロ 6千5百回転

5,000キロ 7千回転

6,000キロ 7千5百回転

 

こんな感じになるのでしょうか?

 

でも一般道でこんなに回せません!

 

なのでマニュアルどうりにやってくださいね。

 

あと、どのギアもまんべんなく回してあげないと意味がありません。

 

高速で高いギアだけやってもクセがつくかもしれませんね!

 

まあ結論は自由にやってみては?

 

といった感じです。

 

ちなみに

 

油温が65〜70℃になるまで

 

エンジン回転数が5,000rpmを超えないように

 

とありますが

 

65〜70までアイドル状態にすると

 

間違いなく近所迷惑です。

 

何事もほどほどに(笑)

 

 

ご紹介したフェラーリ488の商品はこちらで販売予定です

フェラーリ488GTBのダウンフォース(空力)を生むエアロダイナミクス写真。

f:id:ushiushi810:20170417093709j:plain

 

この形状はアートの領域ですね!

 

フェラーリ488GTBのエアロダイナミクスを紹介します。

 

 

f:id:ushiushi810:20170417093802j:plain

 

488GTBですが

 

空力を駆使し

 

ダウンフォースを生むための

 

技術が導入されております。

 

 

 

f:id:ushiushi810:20170417093939j:plain

 

ありとあらゆる場所に

 

F1で培ったノウハウが感じられるでしょう!

 

本当に素晴らしいですね。

 

 

 ご紹介したフェラーリ488の商品はこちらで販売予定です

フェラーリ488GTB & スパイダーのバッテリーコンディショナー・チャージャー バッテリー上がりの防止装置 家庭用電源で使える充電器

f:id:ushiushi810:20170413140459j:plain

 

フェラーリ488GTB&スパイダーより、

 

バッテリーコンディショナー・チャージャーのソケットが

 

車外に付きました!!!

 

マグネット式なので装着も非常に簡単です。

 

さらに装着中もエンジンがかかります!

 

フェラーリ458イタリア&スパイダーから大きく進化しましたね。

 

でも、

 

つけっぱなしでも大丈夫なことは、

 

聞くまでは不安でした...。

 

家庭用電源で使えるのも便利です!

 

 

 

f:id:ushiushi810:20170413140711j:plain

 

ダウンフォースを生む

 

テールエンドのデザインがたまりません!

 

それではこれからドライブに行ってきます。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

 フェラーリ488のバッテリー上がりには注意しましょう!

 

ではでは。

 

ご紹介したフェラーリ488の商品はこちらで販売予定です

フェラーリ488GTB&スパイダーのアルミホイール画像 20インチ鋳造ダイアモンド・リム

f:id:ushiushi810:20170411085747j:plain

フェラーリ488GTB&スパイダーをこれからオーダーされる皆様に、

 

ちょっとした情報公開でございます!

 

コンフィギュレーターでは判りにくいのですが、

 

ガンメタのリムエッジ部分がメタリックになっております。

 

キャリパーに赤をチョイスすれば

 

ハブキャップを黒にすると

 

色のバランスがうまく取れると思います。

 

 

 

f:id:ushiushi810:20170411090016j:plain

 

角度をつけて見ると

 

エッジのメタリックがわかると思います。

 

フェラーリアルミホイール画像ってなかなか検索できないので

 

20インチ鋳造ダイアモンド・リムをチョイスしたい人は参考に!

 

ちなみプチ情報ですが

 

ハブキャップはオーダーにいれると高額なので

 

別途部品取り寄せといった形で注文するのがマストです。

 

 

ではでは!

 

ご紹介したフェラーリ488の商品はこちらで販売予定です

フェラーリ488GTBのプロテクションフィルムで飛び石からボディーを守ろう!必須のカスタマイズ!!

f:id:ushiushi810:20170410201440j:plain

 

弊社の開発用車両は

 

ソフト99さんで、、、

 

「プロテクションフィルム」を施工してもらっております。

 

 

f:id:ushiushi810:20170410201521j:plain

フルプロテクションなんで

 

飛び石からボディーを守ります!

 

それにしてもこのクオリティー、、、

 

貼ってあることを忘れさせてくれる〜。

 

 

f:id:ushiushi810:20170410201703j:plain

XPELのプロテクションフィルムですが、

 

最近、バージョンアップしたそうです!

 

黄ばみが少なく、ツヤがあり

 

耐久性が向上!

 

もちろん弊社のデモカーは新作のプロテクションフィルムです。

 

フェラーリオーナー必須のカスタマイズですね!

 

ご紹介したフェラーリ488の商品はこちらで販売予定です

フェラーリ488GTBの洗車に困っていませんか?エンジンルームへの浸水を防ぐアイテムを紹介します!

f:id:ushiushi810:20170406170818j:plain

フェラーリと言えばエンジンルーム!

 

V型8気筒3902ccの488GTB専用に開発された

 

IHIツインスクロールターボチャージャーを搭載!!

 

 

そんなエンジンルームですが

 

一つだけ難点がございます。

 

 

 

f:id:ushiushi810:20170406171052j:plain

 

このメッシュのダクトです...

 

これが雨の日や洗車のときにやっかいです。

 

 

 

f:id:ushiushi810:20170406171253j:plain

 

そこで弊社が開発したウレタンフォームカバーを

 

洗車前に設置します。

 

 

f:id:ushiushi810:20170406171349j:plain

 

こんな感じで水をめいいっぱいかけても

 

エンジンルームへの浸水をストップしてくれます。

 

 

 

f:id:ushiushi810:20170406171547j:plain

 

このようにフォームの上に洗剤やスポンジが通っても

 

しっかり接着されています。

 

これは剥がしやすく、しっかり張り付く

 

特殊な両面テープを採用しているのです!

 

 

f:id:ushiushi810:20170406171747j:plain

 

洗車も大詰めです!

 

それにしてもこのディテール、

 

いつ見ても惚れ惚れします。

 

 

 

f:id:ushiushi810:20170406171832j:plain

 

水に濡れる姿も芸術的です。

 

f:id:ushiushi810:20170406171911j:plain

 

ヒップも素敵!

 

 

f:id:ushiushi810:20170406172029j:plain

 

458より小ぶりになったプラインシングホース。

 

 

 

f:id:ushiushi810:20170406172543j:plain

 

では検証します!

 

まずフードを開いて...

 

 

 

f:id:ushiushi810:20170406172603j:plain

 

エンジンルームをチェック!

 

 

f:id:ushiushi810:20170406172621j:plain

 

どうですか?

 

まったく浸水していません。

 

 

f:id:ushiushi810:20170406172648j:plain

 

このとうり美しい状態を保っています。

 

f:id:ushiushi810:20170406172719j:plain

 

これで安心して洗車ができますね。

 

ちなみにこの商品は完全使い捨てとなります。

 

セット数やプライスは未定ですが

 

気になられたオーナー様ま

 

是非お問い合わせください。

 

もちろんディーラー様もOKです。

 

株式会社ハイヤー フェラーリ開発部

072-728-8330 まで!

 

 

f:id:ushiushi810:20170406173004j:plain

 

洗車も終わったのでドライブに行ってきます!

 

コーティングやプロテクションフィルムでも

 

防げない浸水にはコレがオススメです!

 

ご紹介したフェラーリ488の商品はこちらで販売予定です

フェラーリ488GTB & スパイダーのドリンクホルダー発売予定。コンソールボックスに設置するタイプでUSBも対応。

f:id:ushiushi810:20170407124241j:plain

日本でも見かけるようになりましたね!

 

フェラーリ488GTB!!!

 

最高出力は493kW(670ps)/8,000rpm

 

そんなスーパーカーですが、

 

とっても必要なものがございます...

 

 

ちょっとしたドライブで、

 

「車内でドリンクを飲みたい」と思ったことはありませんか?

 

スポーツカーにそんなもの不要!

 

って言われたらそれまでなんですが、

 

標準であるドリンクホルダーは

 

ほとんど機能しません。

 

そこで!

 

 

 

f:id:ushiushi810:20170407124806j:plain

 

コンソールボックスに設置だけの

 

フェラーリ488GTB & スパイダー専用のドリンクホルダーを開発しました!

 

写真はまだプロトタイプですが、

 

細かい部分で調整中です。

 

もちろんUSBも使えますのでご安心ください。

 

 

f:id:ushiushi810:20170407125122j:plain

 

現在も様々なロケーションでテストを重ねています。

 

日本製にこだわった高品質なフェラーリ488専用カスタムパーツをリリース予定!

 

ご紹介したフェラーリ488の商品はこちらで販売予定です

 

お問い合わせはこちらより!

 

株式会社ハイヤー フェラーリ商品開発部

072-728-8330