フェラーリ488GTB & スパイダーのブログ

フェラーリ488GTB & スパイダーのカスタムパーツを紹介します。

フェラーリ488GTB & スパイダーの慣らし運転について

f:id:ushiushi810:20170420091458j:plain

 

こんにちは!

 

さて、今日は納車前、納車直後の皆様がとても気になる

 

フェラーリ488慣らし運転」について書きたいと思います。

 

 

f:id:ushiushi810:20170420091500j:plain

 

まずフェラーリ488の「オーナーズマニュアル」から読み上げます。

 

慣らし運転
お車は最新の技術を用いて精密に生産されていますが、お車の本来の性能を十分に発揮させるため、新車でご購入後は慣らし運転を実施してください。

エンジンとギアボックス
最初の1,000kmまではエンジン回転数が5,000rpmを超えないようにしてください。
エンジン始動時は、エンジンが十分に暖まるまでは、エンジン回転数が4,000rpmを超えないようにしてください(油温が65〜70℃になるまで)。
エンジンの高回転域を長時間維持して運転しないでください。

 

 

f:id:ushiushi810:20170420092214p:plain

 

488のメーター部です。

 

最初の1,000キロは5千回転、

 

その後の記載はありませんが、

 

よく耳にする

 

フェラーリは5,000〜6,000キロぐらいは慣らししたほうがいい

 

から検証すると

 

最初の

1,000キロ 5千回転

2,000キロ 5千5百回転

3,000キロ 6千回転

4,000キロ 6千5百回転

5,000キロ 7千回転

6,000キロ 7千5百回転

 

こんな感じになるのでしょうか?

 

でも一般道でこんなに回せません!

 

なのでマニュアルどうりにやってくださいね。

 

あと、どのギアもまんべんなく回してあげないと意味がありません。

 

高速で高いギアだけやってもクセがつくかもしれませんね!

 

まあ結論は自由にやってみては?

 

といった感じです。

 

ちなみに

 

油温が65〜70℃になるまで

 

エンジン回転数が5,000rpmを超えないように

 

とありますが

 

65〜70までアイドル状態にすると

 

間違いなく近所迷惑です。

 

何事もほどほどに(笑)

 

 

ご紹介したフェラーリ488の商品はこちらで販売予定です